『ワクラバ』上映決定。

伯楽 -hakuraku- 製作映画第二弾『ワクラバ』
ついにスクリーンで上映されます。嬉しいです。ただ嬉しいです。
撮影が終わってからこうじ、滝さん、リオンにおんぶに抱っこだった気持ちしかない。もう迷惑かけてごめんよ、っていう。こんなこと書かなくてもいいんだろうな、書かない方がいいんだろうなと思いながら、思いついたから書いている。今回の作品は前回と違って僕の手から飛び立って完成された感覚がある。というか、こうじや滝さんやリオンが完成させたのだけれど。後ろを振り向くと自分の不甲斐なさばかりがなんだか目立つ。
この場を借りてみんなにありがとうが言いたい。ありがとう。

あと覚えてるのは自分の顔を見るのが怖くなくなった瞬間。自分の演技しているところを見るのってなんだか、カラオケの録音を聞いているみたいですごく嫌いだった。でも、今回の作品の編集で何度も観ているうちに「なんかちょっといいかもしれない」と自分の姿を受け入れられるようになった。なんだろう映ってる自分のありのままを受け止められるようになった気がする。だから何ってわからなのだけど、あれから編集会議に行くのが怖くなくなったなぁ。無事完成してよかったなぁ。(実はまだちょっと編集中だけど)

というわけで、
めちゃくちゃおもしろいのでみんな観に来てください。
後悔させませんので。

仁田直人

 

以下、詳細情報です。

タイトル:『ワクラバ』

監督:難波弘二
原案:岡部健太
構成:難波弘二
出演:仁田直人、ジョニーアラタ、鈴木睦海、卯ノ原圭吾、米川幸リオン、石山優太
撮影:滝梓
録音:中山直紀
演出部:岡部健太、芝裕起
制作:高木健吾、吉田知生
整音:塚本啓介
製作:伯楽 -hakuraku-
製作協力:一般社団法人SUMICA
主題歌:『ジャカジャン』(作詞/作曲:ジョニーアラタ)

《あらすじ》
ミュージシャンを目指して上京した佐藤翔は、父の死をきっかけに田舎町に帰郷することになった。
朝、電車を降りた翔は、スーツケース片手に地元を歩く。偶然、海で知り合いに出会ったことをきっかけに、地元に住む4人を訪ね歩く。
地元に帰省した1日の再会の記録。

2019年|日本|カラー|16:9|デジタル|87分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
映画美学校映画祭2019
(プログラム内にて『ワクラバ』上映あり〼)

日時:2019/12/21 (土) 14:00〜15:30
会場 : 〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS B1F 映画美学校試写室(ユーロスペース下)
料金:前売り500円/当日600円